IRニュース

2019年12月13日印刷はこちらからライセンス

北米での慢性期脳梗塞を対象とした再生細胞薬「SB623」の共同開発及びライセンス契約の解消について

サンバイオ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森 敬太、以下「サンバイオ」)と大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:野村 博、以下「大日本住友製薬」)は、本日、再生細胞薬「SB623」(以下「本剤」)の慢性期脳梗塞を対象とした北米(米国及びカナダ)における共同開発を中止し、サンバイオの米国子会社SanBio, Inc.と大日本住友製薬において2014年に締結された共同開発及びライセンス契約(以下「本契約」)を解消することで合意しました。本契約の解消により、北米の本剤に関する権利はサンバイオグループ(サンバイオ及びSanBio, Inc.)に返還されます。また、今後両社間において、開発協力金及びマイルストン等の支払及び受領は発生しません。なお、大日本住友製薬は保有するサンバイオ株式について、現時点で売却する予定はありません。

サンバイオグループが慢性期脳梗塞を対象として米国にて行ったフェーズ1/2a臨床試験の良好な結果を受けて、2014年9月にSanBio, Inc.と大日本住友製薬は、本契約を締結しました。これに基づき2015年に開始したフェーズ2b臨床試験は、2019年1月に主要評価項目未達という結果となりました。その後実施した詳細解析も踏まえ、両社で今後の方針を協議し、本契約を解消することに合意しました。

大日本住友製薬は、本剤のフェーズ2b臨床試験の詳細解析を踏まえ、全社の事業戦略上の優先順位を検討した結果、共同開発を中止することを決定しました。一方、サンバイオグループは、今後もグローバル展開を目指して本剤の慢性期脳梗塞を対象とした開発を継続します。

以上