ごあいさつ

社長ごあいさつ動画

(再生時間:0:03:53)

住友ファーマ株式会社
代表取締役社長 野村 博

住友ファーマ株式会社 代表取締役社長の野村 博でございます。
2005 年 10 月に大日本製薬株式会社と住友製薬株式会社が合併し誕生した当社は、その後16 年半の間に、事業のグローバル化を実現し、新たな研究領域への参入や大型買収・提携など数々の挑戦を行い、会社の姿が合併当時から大きく変容しました。当社がさらに発展し続け、新たな事業ステージに向けて進化するため、2022 年4月1日、商号を「大日本住友製薬株式会社」から「住友ファーマ株式会社」に変更し、グローバルに認知されている「住友」ブランドを用いて当社グループのブランドを刷新いたします。

住友ファーマは、「人々の健康で豊かな生活のために、研究開発を基盤とした新たな価値の創造により、広く社会に貢献する」ことを企業理念とし、この理念を実現するため、また、日本はもちろん世界の方々に革新的で有用な医薬品や医療ソリューションをお届けするため、研究開発に全力を注いでいます。

当社は、研究重点領域である精神神経領域、がん領域および再生・細胞医薬分野において、また感染症領域においても、自社研究に加え、技術導入、アカデミアやベンチャー企業との共同研究など、あらゆる方法で最先端の技術を取り入れて研究開発活動に取り組み、優れた医薬品を継続的に創製することを目指しています。また、国内では糖尿病領域ナンバーワン企業を目指した事業活動にも取り組んでいます。さらに、医薬品以外のヘルスケア領域においても、デジタル技術などを用いて、人々の健やかさに貢献できる医療ソリューションの研究開発と事業化を推進しています。

当社は、これらの事業活動を通じて、世界で存在感のある「グローバル・スペシャライズド・プレーヤー」となることを目指します。また、患者さんとご家族、医療関係者、株主、投資家、従業員、取引先、地域社会など多様なステークホルダーとの積極的な対話、国内外での社会貢献活動、ダイバーシティ&インクルージョンの推進といった幅広い取り組みを行うとともに、事業活動を行うにあたってはコーポレートガバナンス体制を強化しコンプライアンスを徹底することにより、持続的な企業価値の向上につなげ持続可能な社会の実現に貢献します。

商号変更を機に住友ファーマグループの全ての役員、従業員が心を一つにし、ステークホルダーの皆さまの信頼に応え、皆さまに幸せを届けられる会社であり続けるよう、たゆまぬ努力と挑戦を続ける所存でございます。

今後も、これまでと変わらぬ皆さまのご支援を賜りますようお願い申し上げます。